読書熱が再燃してます!

私は学生の頃、読書が趣味だったのですが就職してからは時間が取れなくて読書から遠ざかっていました。
ですが最近、読書熱が再燃してきて本を買いあさっています。
家計に響くので新しい本はあまり買えないので、古本屋さんを利用しています。
私が本を読んでいなかった間に色んな作家さんの本が出版されていて驚いています。

お気に入りは平山夢明です。内容は少しグロテスクなのですが、ブラックユーモアが効いていてクスッとしてしまいます。
平山さんは長編も出しているのですが、短編集が多めです。特に好きな短編集は「デブを捨てに」です。表題作の「デブを捨てに」はタイトルそのまま、デブを捨てに行く話です。
借金漬けの男が借金のカタに「デブを捨ててこい」と命令されて、そのデブを捨てるために2人で車で旅をする話です。
そのデブが純粋で、何ごとにも一生懸命でいい子なんですよね。読了感も良くてホッコリします。

他は、小野不由美とか道尾秀介が好きですね。
近いうち、また古本屋さんへ行こうと思います。